NIPT(無侵襲的出生前遺伝学的検査)とは、母体の血液に含まれる胎児のDNA断片から、胎児の染色体疾患(ダウン症候群;21トリソミー、18トリソミー、13トリソミー)の可能性を調べる検査です。約7mlの採血のみの検査となりますので、この検査を受けることで、胎児への影響はありません(無侵襲的検査)。妊娠10週0日から検査を受けることができます。精度が高い検査ですが、非確定的検査であるため、検査結果が陽性であった場合には確定的検査である羊水検査を受けて頂くことになります。

当院は日本医学会「母体血を用いた出生前遺伝学的検査」施設認定・登録部会により登録された認定施設です。この検査は現在、臨床研究の一環として行われており、検査をご希望の方には検査前と検査後にご夫婦もしくはパートナーとお二人で遺伝カウンセリングを受けて頂く必要があります。その際、同意を頂いた上で、検査及び遺伝カウンセリングに対する質問票をお渡しいたしますのでご協力ください。なお、NIPTは当院で分娩する方のみを対象といたします。

*NIPTをご希望の方は下記の要件をご理解の上、予約をお取りください。

NIPT対象者

1~3 いずれかに当てはまる方が対象です。

1. 分娩時の年齢が35歳以上となる方
  不妊治療で凍結胚移植をされた方は、採卵時の年齢が34歳2ヶ月以上であった方
2. ダウン症候群(21トリソミー)、18トリソミー、13トリソミーのいずれかの児を妊娠または分娩された既往のある方
3. ダウン症候群(21トリソミー)、18トリソミー、13トリソミーのいずれかの児を妊娠している可能性が高いと指摘された方

品胎(3つ子)以上の多胎妊娠の方は検査対象外となります。双胎(双子)妊娠の方の検査は可能です。

予約方法

月曜日午後のNIPT外来をご予約ください。
当院かかりつけの方は、産婦人科外来受診時、またはお電話にて予約をお取りください。
その際、以下の事項をご確認ください。

当院での分娩予定であること
現時点で分娩予約をされていなくても検査を受けることができます。
なお、NIPT外来では分娩予約をはじめ、妊婦健診や産科診療はいたしません。
胎児心拍が確認されていること
検査予定の1週間前以内に確認されていることが望ましいです。
検査前後にご本人と夫もしくはパートナーと2人で遺伝カウンセリングを受けて頂くこと
検査前の遺伝カウンセリングと検査(採血)は同日受診が可能です。
検査の後は約2週間後に検査結果説明を含めた遺伝カウンセリングを予約していただきます。
どちらもお2人でご来院ください。
検査当日は妊娠10週0日から妊娠15週6日までの週数であること
検査自体は妊娠10週0日以降で可能ですが、検査結果をお伝えするまでに約2週間かかることや、検査結果次第では羊水検査をお受け頂くことなどを考慮して妊娠15週頃までの検査をお勧めいたします。
検査費用について
検査費用は200,000円(税抜)です。
また、検査前後の遺伝カウンセリングは各5,000円(税抜)です。
いずれも保険診療は適応されません。
検査が陽性であった場合には、当院で確定的検査である羊水検査を受けて頂くこと
その際の羊水検査費用は免除となります。
ただし、当院は羊水検査を入院(日帰り入院)で行なっており、入院に関わる費用は別途請求させていただきます。

他院かかりつけの方はこちら
NIPT外来開設のご案内
NIPT受検のための診療情報提供書

お電話での予約は下記までお願いします。
047-353-3111(代表) 産婦人科外来
電話受付時間は平日(月〜金)14:00〜15:30です。