当院では、産科・麻酔科管理下で計画分娩による無痛分娩を行っております。
無痛分娩を希望される方には無痛クラスの受診をお願いしております。

無痛分娩の種類と当院での麻酔方法(硬膜外麻酔)

無痛分娩には様々な方法があります。広義の意味では水中分娩やアロマテラピーも無痛分娩となります。狭義の意味での無痛分娩が薬を使用したもので、硬膜外麻酔や、硬膜外麻酔に脊椎麻酔を併用する方法、さらには点滴から痛み止めを入れる静脈麻酔、吸入麻酔などがあります。
当院では基本的に、一般的に広く行われている硬膜外鎮痛という麻酔方法で行っています。脊椎の中の硬膜外腔というスペースに細い管(硬膜外カテーテル)を挿入し、そこから局所麻酔薬を注入する方法です。この麻酔は、腹部の手術などの術後鎮痛にも利用される麻酔法になります。硬膜外鎮痛は無痛分娩の標準的な麻酔法として歴史が長く、より安全に麻酔を行うために使用方法や使用薬剤が進化してきました。現在も硬膜外鎮痛は無痛分娩において主流となっています。
先述した通り、硬膜外鎮痛は、硬膜の外側にある「硬膜外腔」という空間に麻酔薬を注入する方法です。脊髄神経や脊髄液はくも膜という膜に包まれています。くも膜には硬膜という硬い膜がくっついており、この硬膜の外側を「硬膜外腔」(図参照)と呼びます。

ここに麻酔薬を注入すると、近くにある神経に作用して痛みを取り除くことができます。
背中には背骨や靭帯が存在し、その奥に硬膜外腔が存在します。背骨と背骨の間から針を挿入し硬膜外腔までカテーテルを挿入します。カテーテルを挿入したら針は抜いてカテーテルだけを残してテープで背中に固定します。しっかりと固定をするため、歩いたり仰向けになっても細い管が取れたりつぶれたりする事はほぼありません。
この麻酔では、「痛い」「冷たい」といった温痛覚と呼ばれる感覚がなくなっていきます。触られている感覚、押される感覚は他の神経よりも薬が効きにくいため残ることが多いです。麻酔のイメージとして、感覚が全てなくなることをご想像される方がいますが、無痛分娩では、「痛み」は取り除きますが触られている感覚は残ります。
また、当院では基本的に予定分娩となるため、妊娠36〜37週以降は外来にて毎回内診を行い子宮口の開き具合や柔らかさ、児頭の下降度などを確認し入院する日を決定します。入院したら、硬膜外カテーテルを挿入する処置を行います。その日の夕方に再度診察を行い、場合によってはより陣痛が来やすい様に子宮口を開く処置を行うことがありますが、この処置が痛みを伴うためこの時点から麻酔薬を使用しています。入院日はこの処置の後は一晩安静にしていただき、入院翌日に陣痛促進剤を使用して分娩誘発を行っていきます。

無痛分娩のメリット

10年くらい前のデータでは、日本の無痛分娩率は2.6%と先進諸国の中では最下位でしたが、最近の報告では全分娩の約6%と増加傾向にあります。無痛分娩は医療行為であり、絶対に事故が起こらないとは言い切れません。しかし、無痛分娩を行うメリットがあると考えています。
無痛分娩のメリットとして1番に思い浮かぶのは陣痛の痛みが軽くなることだと思います。これにより、分娩中の体力の消耗を少なくすることができ、産後の回復が早くなると言われています。また、痛みに極度に弱い方の場合、陣痛の痛みでパニックになったり、過換気発作を起こしてしまったりすることがあります。そうした母体のストレスは直接お腹の赤ちゃんに伝わってしまい悪影響を出すことがあります。無痛分娩により痛みを取ってあげることで母体のストレス、過換気による赤ちゃんへの悪影響を軽くすることができると考えています。また、特にリスクのある方は、分娩による体の負担を減らすために医学的な適応で無痛分娩を行うことを提案させていただくことがあります。

無痛分娩のデメリット

硬膜外鎮痛による無痛分娩で起こる事故の中で、生命を脅かす合併症は全脊椎麻酔と局所麻酔薬中毒です。全脊椎麻酔とは本来硬膜外腔という場所に入るべき局所麻酔薬が誤ってより神経に近い脊髄液中に注入されることで起こります。脊髄液中に薬剤が投与されると直ちに強力な麻酔の効果が現れ麻酔が効き過ぎてしまう結果、息ができなくなってしまったりすることがあります。局所麻酔薬中毒は局所麻酔薬が硬膜外ではなく血管の中に注入されてしまうことで起こります。血管の中に注入されると全身に麻酔薬が流れてしまい、意識低下や血圧低下を引き起こしてしまうことがあります。安全対策としてカテーテルの挿入されている位置の確認を様々な方法で行ったり、確認の質問を何度も行います。処置中はモニターをつけさせていただきます。もしそれでも全脊椎麻酔や局所麻酔薬中毒が起こってしまった場合は直ちに治療を開始します。早期に発見し正しい治療ができれば、危険な状態になる前に食い止めることが可能です。
そのほかの合併症としては、発熱、かゆみ、下肢の神経障害、硬膜外血腫などがあります。いずれも頻度は非常に稀ですが、十分に気をつけて麻酔を行うように心がけています。

当院での診療体制と分娩件数

① 当院での無痛分娩
当院では2015年10月に無痛分娩を新体制で再開しました。
当院では、麻酔科医と、麻酔科医の監督のもと研修を受けた産婦人科医が産科麻酔チームとして無痛分娩を担当しています。
患者さんのご希望で無痛分娩に対応していますが、医学的適応で無痛分娩の方が望ましい場合は患者さんに勧めさせていただくこともあります。
2016年の当院での総分娩件数は746件であり、そのうち無痛分娩件数は94件(約13%)でした。2017年の総分娩件数は769件で、そのうち無痛分娩件数が154件(約20%)でした。
現在無痛分娩の制限をさせていただいており、2018年の総分娩数は765件で、そのうち非無痛経腟分娩件数は355件、無痛分娩件数は107件(約13%)、帝王切開分娩件数は303件でした。

② 当院での無痛分娩計画
当院では、無痛分娩の出産に際して、基本的に計画分娩を行なっております。計画分娩とはあらかじめ出産する日を決めて入院することです。妊娠36〜37週頃より産科外来にて内診診察を行い、子宮口の変化や柔らかさ、児の下降度などを確認し入院日を決定します。計画分娩を行うことにより、日中に分娩を行うことができ、スタッフ数が多い安全な時間帯に出産することができます。また、計画分娩では、ある程度、曜日や日にちを選択できますので、ご家庭の事情にも配慮することができます。
計画分娩で入院予定の前に陣痛が発来した場合や前期破水した場合は、途中からでも出来るだけ無痛分娩の介入を行うようにしていますが、状況により出来ないことがありますのでご了承ください。

③ 無痛分娩に関する設備及び医療機器の配備、同意書に関して
当院は3次救急医療機関であり、当科は地域周産期センターとなっております。
分娩を安全に行うにあたり、手術室以外にも分娩室に麻酔器を置いています。また産科病棟内にAEDを配備しており、母体用整体モニター、蘇生用機器、緊急対応薬剤(救急カート、産科救急カート)を完備しております。
もし分娩中もしくは無痛分娩中に患者さんが何らかの理由で急変した場合、当院施設だけでの対応が可能です。その際は救急診療科や麻酔科、新生児科などと連携を取り母体急変に対応を行なっております。また、医師、病棟スタッフにより定期的に母体急変時のシミュレーションを行なっています。
また、適切な説明と同意に関する文書を提示しております。

④ 帝王切開について
無痛分娩を行なっている最中に、赤ちゃんや母体の状態が芳しくなく、帝王切開を行うことがあります。無痛分娩を行っていたからといって帝王切開になりやすいということはありません。無痛分娩により帝王切開率が上昇しないことはすでに言われています。ただ、器械分娩率は無痛分娩で増加することが分かっています。

⑤ 無痛分娩の副作用
比較的起こりやすい副作用

病名 説明 当院での
発生頻度
発熱 ウイルスや細菌の感染とは異なる理由で発熱が起こります。
水分補給や体を冷やすことで対応します。
5%
かゆみ 麻酔薬の副作用でかゆみが起こります。皮膚の発赤などは起こりません。
ひどくなることは滅多にありませんので、経過観察になります。
1%以下
吐き気
嘔吐
麻酔薬だけではなく、分娩の進行に伴うもの、子宮収縮薬の副作用など多彩な原因でお産中に吐き気や嘔吐が起こることがあります。
赤ちゃんにも安全とされている吐き気止めを用いて治療することができます。
1%以下
麻酔効果
不十分
麻酔の効果判定で十分痛みが取れていないと判断された場合は、調整や麻酔追加、再度穿刺を行うことがあります。 1%以下

稀に起こる副作用

病名 説明 当院での
発生頻度
低血圧 麻酔薬により血管拡張が起こり、低血圧になることがあります。点滴による予防、血圧測定による早期発見を行います。
実査に低血圧が起こった場合は薬による治療を行うことがあります。
1%以下
頭痛 硬膜外腔に挿入する針が奥にある硬膜に小さな穴をあけることによって、頭痛が起こることがあります。
頭痛が強い場合は治療を行います。
1%以下
アレルギー 薬剤などの使用により皮膚のかゆみ、発赤などが起こることがあります。適切に治療を行います。
事前にアレルギーのある方はお申し出ください。
当院での発生なし

非常に稀で当院では起こったことのない副作用
アナフィラキシーショック(局所麻酔薬10万例に1例※1、医療用麻薬頻度不明)、局所麻酔薬中毒(1万例に1.1〜11人※2)、全脊椎麻酔(16,200人に1人※3)、硬膜外血腫(10万人に0.15人※3)、硬膜外膿瘍(10万人に0.225人※3)、髄膜炎(288,351人に3人※3)、神経障害(32,9425人に2人※4)
詳細な説明をご希望の方は医師にご質問ください。
※1 硬膜外鎮痛と麻酔.高崎眞弓.文光堂
※2 局所麻酔薬中毒への対応プラクティカルガイド. 公益社団法人 日本麻酔科学会
※3 Chestnut’s Obstetric anesthesia principles and practice
※4 Cool et al.2009

⑥ 硬膜外無痛分娩が出来ない可能性のある患者さん
・分娩時に抗凝固薬、抗血小板薬が投与されている
・血小板が少ないまたはその可能性がある
・刺す場所に感染があるまたは全身の感染が重度の場合
・腰椎の強い変形または腰椎の手術後
・肥満などにより穿刺困難な場合
・出産経過が早く、麻酔が間に合わない

⑦ 当院における無痛分娩の体制について
・施設の体制について
無痛分娩麻酔管理者を選任し、後述する無痛分娩麻酔術者により無痛分娩による手技、管理、観察、記録を行なっております。

・無痛分娩麻酔管理者・担当医について
無痛分娩麻酔管理者:大和田哲郎(常勤・麻酔科医:麻酔科指導医・専門医・認定医・標榜医)
麻酔担当医:
① 小泉朱里(常勤・産婦人科医:日本産科婦人科学会産婦人科専門医・日本専門医機構認定産婦人科専門医・周産期新生児専門医)
麻酔科研修歴実施歴:
2008年4月1日〜2009年3月31日 順天堂大学医学部附属静岡病院初期研修
(全身麻酔約40例、硬膜外麻酔約5例)
2012年1月1日〜2012年4月30日 国立成育医療研究センター
(全身麻酔約10例、硬膜外麻酔約200例)
2014年4月1日〜2014年12月31日 小張総合病院
(硬膜外麻酔約90例)

無痛分娩実施歴:
2012年1月1日〜2012年4月30日 国立成育医療研究センター 約200件
2014年4月1日〜2014年12月31日 小張総合病院 約90件
2015年10月1日〜2019年 順天堂大学医学部附属浦安病院 約250件

② 高水藍(常勤・産婦人科医:日本産科婦人科学会産婦人科専門医・周産期新生児専門医)
麻酔科研修実施歴:
2009年4月1日~2010年3月31日 順天堂大学医学部附属順天堂医院初期研修
(全身麻酔約60例、硬膜外麻酔約10例)
2013年9月1日~2013年12月27日 国立成育医療研究センター
(全身麻酔約20例、硬膜外麻酔約200例)

無痛分娩実施歴:
2013年9月1日~2013年12月27日 国立成育医療研究センター 約200件
2018年11月1日〜2019年 順天堂大学医学部附属浦安病院 約30件

③ 正岡駿(常勤・産婦人科医)
麻酔科研修歴実施歴:
2014年4月1日〜2016年3月 順天堂大学医学部附属浦安病院初期研修
(全身麻酔約160例、硬膜外麻酔約80例)

無痛分娩歴:
2019年1月〜 2019年現在 順天堂大学医学部附属浦安病院 約20件

④ 柏木邦友(非常勤・麻酔科医:麻酔科指導医・専門医・認定医・標榜医)
麻酔科研修歴実施歴:
2004年5月1日〜2006年3月31日 順天堂浦安病院初期研修
(全身麻酔約160例、硬膜外麻酔約70例)
2006年4月1日〜2008年3月31日 順天堂大学麻酔科(順天堂医院、順天堂浦安病院、順天堂練馬病院)後期研修
(全身麻酔約800例、硬膜外麻酔約200例)
2008年4月1日〜2009年3月31日 聖隷浜松病院麻酔科
(全身麻酔約800例、硬膜外麻酔約200例)
2009年4月1日〜2014年3月31日 順天堂大学医学部附属浦安病院麻酔科
(全身麻酔約800例、硬膜外麻酔約200例)
2011年4月1日〜2014年3月31日 鼻のクリニック東京
(全身麻酔約10,000例)
2015年10月1日〜2019年 東京外科クリニック
(全身麻酔約200例、硬膜外麻酔約100例)
2013年4月1日〜 順天堂大学医学部附属浦安病院
(全身麻酔約1,000例、硬膜外麻酔500例) 他

無痛分娩実施歴:
2009年4月1日〜2019年 順天堂浦安病院 約1,000件
2013年10月1日〜2019年 東京マザーズクリニック 約1,000件
2013年4月1日〜2019年 神岡産婦人科 約200件
2017年10月1日〜2019年 ひさまつ産婦人科 約50件 他

⑤ 森本栄理(非常勤・麻酔科医:麻酔科標榜医・認定医)
麻酔科研修歴実施歴:
2005年4月1日〜2007年3月31日 順天堂大学医学部附属浦安病院初期研修
(全身麻酔約100例、硬膜外麻酔約50例)
2007年4月1日〜2009年3月31日 順天堂大学麻酔科(順天堂大学医学部附属浦安病院)後期研修
(全身麻酔約800例、硬膜外麻酔約200例)
2009年4月1日〜2016年3月31日 順天堂大学医学部附属浦安病院麻酔科
(全身麻酔約1,400例、硬膜外麻酔約500例)
2015年11月1日〜2019年 東京外科クリニック
(全身麻酔約200例、硬膜外麻酔約100例)
2016年4月1日〜2019年 順天堂大学医学部附属浦安病院
(全身麻酔約300例、硬膜外麻酔約100例)
2017年4月1日〜2019年 千葉医療センター
(全身麻酔約200例、硬膜外麻酔約50例)
2018年10月1日〜2019年 窪谷産婦人科
(全身麻酔約50例、硬膜外麻酔約20例)

無痛分娩実施歴:
2012年4月1日〜2019年 順天堂大学医学部附属浦安病院 約200件
2017年4月1日〜2019年 東京マザーズクリニック 約100件
2017年4月1日〜2019年 神岡産婦人科 約50件
2018年10月1日〜2019年 窪谷産婦人科 約50件

・当院産婦人科・麻酔科医師数及び産婦人科医の資格について
当院には産婦人科常勤医師14名、産婦人科非常勤医師3名、麻酔科常勤医師15名、麻酔科非常勤医師5名が在籍しています。産婦人科医のうちNCPR受講者14名、JCIMELS受講者9名、ALSO受講者7名となっています。(2019年5月1日現在)

・無痛分娩に関わる看護師、助産師について
産科麻酔の基礎及び無痛分娩について習熟している、定期的な麻酔科医による研修及び指導を受けている、院内で行われる定期的な講習会を受講している、以上全ての要件を満たしたもの
当院の助産師、看護師の資格について(2019年4月30日現在)
当院産科には助産師31名、看護師2名の計33名が在籍しています。うち、NCPR受講者27名、JCIMELS受講者3名、ALSO受講者14名となっています。

NCPR:新生児救急蘇生法(日本周産期新生児医学会新生児蘇生法普及事業)
JCIMELS:日本母体救命法(日本母体救命システム普及協議会)
ALSO: Advanced Life Support in Obstetrics(NPO法人周産期医療支援機構)

無痛分娩の流れ

1.無痛分娩予約
外来担当医に無痛分娩の希望を伝え、原則34週までに予約を行ってください。
現在、予約が集中しているため無痛分娩予約の制限を設けさせていただいています。
無痛クラス受講後でも予約がいっぱいの場合はお断りさせていただくことがありますのでご了承ください。
2.無痛クラス受診
無痛分娩に興味がある方に原則30週までに受けていただくクラスです。無痛分娩についての説明や質疑応答を行います。
予約方法:外来で医師または助産師により予約します。当院での妊婦健診中や当院受診歴のある方は電話での予約も可能です。初診の方は一度外来受診をお願いしています。

[日時]毎月第1土曜 10:30〜11:30、第2火曜 14:00〜15:00 ※日程は変更になる場合もあります。
[料金]1,500円
3.無痛外来受診
通常の産科健診内で行っています。妊娠34週までに産科外来を受診していただき、これまでの健診経過や既往歴などを確認させていただき、無痛分娩同意書をお渡ししています。
4.入院予定日の決定
妊娠36〜37週以降は妊婦健診で毎回内診にて子宮口の状態を確認し、入院予定日を決定しています。

費用

通常の分娩費用に加え、硬膜外鎮痛を行った場合は一律10万円いただいております。